よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

Q:全国植樹祭と全国育樹祭は何が違うの?

A:全国植樹祭は、毎年春、天皇皇后両陛下による樹木のお手植えや種子のお手まきが行われる行事です。一方、全国育樹祭は、毎年秋、成長したお手植え樹木に対し、皇族殿下がお手入れを行う行事です。

Q:東京都では初めて?

A:はい。全国育樹祭は、昭和52年から都道府県が持ち回りで開催していますが、東京都での開催は初めてです。なお、全国植樹祭については、平成8年に開催しています。

Q:お手入れ行事って?

A:全国植樹祭において、天皇皇后両陛下がお手植えされた樹木を皇族殿下に施肥等をしていただきます。「親が植え、子が育てる」という世代を超えた営みを象徴する行事として、東京都では、海の森公園予定地で実施します。

Q:式典行事って?

A:皇族殿下のご臨席の下、全国から約5,000人が参加し、緑化功労者等への表彰、アトラクションなどを行います。東京都では、武蔵野の森総合スポーツプラザで開催します。

式典会場イメージ

式典会場イメージ

 

Q:式典行事に参加するにはどうすればいいの?

A:平成30年春頃に参加希望者を募集する予定です。奮ってご応募ください。

Q:開催日はいつ決まるの?

A:平成30年1月頃に決まる予定です。決定後はHP等でお知らせします。

Q:森林・林業・木材産業関係者のための行事なの?

A:森林は、多面的な機能により私たちの生活に貢献する都民共有の貴重な財産です。この森林を育て、次の世代に継承していくためには、私たち一人ひとりがこのことを理解し、森づくりに積極的に参加していくことが大切です。
全国育樹祭では、次代を担う青少年やボランティア、一般公募による参加など、幅広い都民の参加をお待ちしています。

Q:式典行事以外にはどんな催しがあるの?

A:式典行事に前後して、育林交流集会(青梅市総合体育館)、全国緑の少年団活動発表大会(八王子市南大沢文化会館)、森林・林業・環境機械展示実演会(旧都立秋川高等学校跡地)を行います。
また、身近な場所で多くの方が参加できるよう、前年の平成29年から、都内各地で森づくりや木材利用に関するイベント・シンポジウムを予定しています。詳細は、HP等でお知らせします。ぜひ、ご参加ください。

森林・林業・環境機械展示実演会(京都府)

PAGETOP
Copyright ©2017 第42回全国育樹祭東京都実行委員会事務局 All Rights Reserved.